髭そりであごが痛い…敏感肌男性におすすめのシェービングジェルは? | 敏感肌のための男性用化粧品おすすめランキング!敏感肌の男性向け

髭そりであごが痛い…敏感肌男性におすすめのシェービングジェルは?

基礎化粧品

男性にとって髭そりは毎日必ず行う身だしなみの一つ。人によっては髭があまり生えないという人もいますが、多くの人が毎日髭が少しずつ伸びるので朝剃っておかないと夕方ごろには無精ひげの少しだらしない印象に。

毎日行うのが当たり前なので髭そり自体は苦痛ではないかと思いますが、問題となるのがあごなどのヒゲが生えている部分の痛み。ヒリヒリとした痛みを感じることもあれば、あご周辺が真っ赤に…なんてこともあるかと思います。

痛いからと言って剃らないわけにはいかない、でも痛い!これを解決してくれるのがシェービング剤です。

ここでは敏感な肌におすすめのシェービング剤、さらにシェービングについて詳しく解説していきます!

毎日の髭そりであごが痛くなるのはなぜ?

髭そりは男性の身だしなみの一つなので、外出するとなれば当然髭そりを行いますよね。ただヒリヒリとした痛みなどを感じると、どうしてもシェービングをすることをためらってしまいます。

そもそもなぜ髭を剃ることであご周辺が痛くなるのか?

これはシェービングの時に使うカミソリが原因です。

カミソリには髭を剃るための刃がついています。刃はカミソリの構造上、肌が切れないよう設計されていますが、肌に傷がつかないだけで刃は当然肌に接触。接触することによって刃が肌にダメージを与えているんです。

肌に切り傷がつかなくても、目に見えない肌表面の角層をカミソリが削り取っているかもしれません。角層が削り取られると肌を守るものが薄くなり、肌はどんどんダメージを受けます。これによって肌は敏感肌の状態になってしまうのですが、その敏感肌にまたカミソリを接触させることで肌がとても弱くなってしまうんです。

頬や額の部分は脂性肌なのに、ヒゲが生えている部分だけ敏感肌という人も少なくありません。毎日嫌でもカミソリを使わなければならない部分なので、男性からすれば仕方がないもの。

ですが敏感な状態を放っておくわけにはいきませんので、少しでも肌状態をよくするためにいろいろな方法を取っておく必要があるんです。その一つがシェービング剤です。

そもそも髭そりにシェービング剤って必要?

髭そりの時、肌に何もつけずにシェービングを行っている人は少ないかと思います。多くがシェービング剤を肌につけ、それから髭そりをしますよね。

このシェービング剤、なんのために使っているかをご存知ですか?どんな役割があるかは知らないけど、とりあえず必要だと思うから使っているという人も多いかもしれません。

シェービング剤の役割は主に二つ。

一つは髭を柔らかくする働きです。髭は毎日剃るためどうしても硬くなりがち。これは毛先だけをカットすることで毛根部分だけが残り、毛根の太い部分が次から次に生えてきてしまうからです。

太い毛はいくらカミソリと言えど剃りづらく、キレイに剃りきれないこともあるんです。

シェービング剤で硬い髭を柔らかくすれば、カミソリの刃ですっと剃ることができるようになります。

もう一つは肌を守る働き。先ほど言ったように、髭そりはカミソリの刃を肌にあてて毛を剃っていくものです。カミソリの刃を直に肌につけると肌にダメージが加わりますが、シェービング剤が緩衝材になることで肌ダメージを減らすことができます。

この二つがあることで髭そりによる肌への負担がグッと減るため、シェービング剤は髭そりに欠かせない存在ともいえるんです。

特徴をチェック!3つのシェービング剤

シェービング剤は3つの種類があり、それぞれで特徴が異なります。ジェルタイプ・フォームタイプ・ジェルフォームタイプがありますので、それぞれについて見ていきましょう。

ジェルタイプ

柔らかなテクスチャーの固体で、伸びが良いシェービング剤です。透明なのでヒゲがある部分が見え、剃り残しがないかをチェックしながら髭剃りができます。

フォームタイプ

泡で出てくる洗顔料の泡をイメージしてもらればわかりやすいかと思います。少し固めのテクスチャーで色は白。髭が生えている部分に均一に伸ばし、カミソリで剃っていくことでキレイに剃ることができます。

ジェルフォームタイプ

最初はジェル状ですが、肌に馴染ませるとフォームタイプの変化。肌にピッタリ密着してくれるので剃り残しなくキレイに剃ることができます。

敏感肌におすすめなのはフォームタイプ

3つのシェービング剤で最も敏感肌におすすめできるのがフォームタイプです。フォームタイプの最大の特徴は弾力のあるテクスチャーだということ。

カミソリの刃と肌の間できちんとクッションの役割を果たしてくれるので、肌にダメージを与えることなく髭そりが行えるからです。

ただシェービングに慣れていない人は、剃り残しの心配が。フォームタイプは厚みがあって白色なので、髭がある部分が確認できないからです。

最近髭そりを始めてまだ慣れていないという人は、慣れるまでジェルタイプのシェービング剤を使った方が良いかもしれません。

理想は一度のシェービングですべて剃りきること!
髭のそり残しがあるともう一度カミソリを肌に滑らせることとなりますが、何度もカミソリの刃を肌につけるのはNG。角層をたくさん削ってしまう恐れがありますし、もしかしたら切り傷ができてしまうかもしれません。
一度肌に滑らせるだけなら何度も滑らせるよりはるかに負担が軽いため、一度のシェービングですべての髭を剃れるようにしましょう。

おすすめシェービングジェル3選

まずはシェービングジェルのおすすめ商品を紹介していきましょう。敏感肌でも使える優しいアイテム3つを厳選しました。

サクセス 薬用シェービングジェル スキンケアタイプ

男性化粧品を販売するサクセスのシェービングジェルです。濃グリセリンやワセリンと言った保湿成分をたっぷり配合することで、カサつきがちな肌をたっぷりうるおします。有効成分としてグリチルリチン酸2Kが配合されているので、荒れがちなお肌のケアにも適していますよ。

メントールが入っていないから清涼感はなし。安全カミソリ用なので電気シェーバーには使えません。

ギャツビー ひきしめシェービングジェル

メンズ・レディースともに化粧品を展開しているマンダムのギャツビーシリーズです。保湿成分が配合されていて、清涼成分も含まれているからケア後はすっきりとした肌に。清涼成分だけでなく香りもアクアシトラスの爽やかな香りなので、スーッとした感触が好きな人におすすめです。

DHC for MEN 薬用 シェービング ジェル(電気カミソリ用ジェル)

サプリメントメーカーとして知名度の高いDHCが展開するシェービングジェルです。ジェルを肌につけることでサラサラの状態に変化するから、剃りやすさは抜群。さらに肌を整え保湿する植物成分がたっぷりと含まれているので、トラブルの起きにくいツルツル肌になるでしょう。

有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノールが含まれているので、肌のトラブル予防効果も期待できます。

おすすめシェービングフォーム7選

次にシェービングフォームのおすすめアイテムを7つ紹介していきます。

ハイシェーブフォーム260

男性用化粧品を展開するフェザーのシェービングフォームです。弾力たっぷりのフォームが出てくるので、カミソリの刃によるダメージを最小限に抑えてくれますよ。肌荒れをケアし、起きにくくするグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、荒れやすい肌の人におすすめです。

ハイシェーブ マリンステージフォーム260

こちらもフェザーから展開されているシェービングフォーム。先ほどのシェービングフォームとの違いは保湿成分がより増えていること。水溶性コラーゲンや海藻エキスといったうるおい成分が含まれているので、カサつきがちな肌をうるおしてしっとりさせます。

こちらは普通サイズだけでなく、小さめのサイズもあるのでお試しもできますよ。

ハイシェーブ モイストライム

こちらもフェザーから展開されているシェービングフォーム。肌の保湿成分として有名なヒアルロン酸を配合。弾力のあるフォームが肌を守りつつ、肌をうるおす効果も期待できます。肌荒れをケアするグリチルリチン酸2Kも含まれているので、肌荒れが気になる人にもおすすめです。

貝印 炭シェービングフォーム

貝印から展開されているこちらのシェービングフォームは、洗顔もできる一石二鳥のシェービングフォーム。炭成分が含まれていて、肌の汚れをしっかり吸着。汚れを吸着しながらヒゲもスッキリと剃れますよ。肌荒れを起きにくくする有効成分配合の薬用です。

メンソレータム 薬用シェービングクリーム

リップクリームやハンドクリームと言ったアイテムを展開するメンソレータムのシェービングクリームです。イソプロピルメチルフェノール、ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸ジカリウムの3つの有効成分を配合する医薬部外品。肌を荒れさせず、優しく髭剃りが行えます。

ヴェレダ シェイビングクリーム

市販ブランドに比べるとあまり知名度の高くないヴェレダ。ドラッグストアでの取り扱いはなく、ロフトやハンズなどで購入できます。

こちらのシェービングフォームは適量に少しの水を加え、泡立ててから使用していくもの。なめらかな泡が肌を守りつつ、アーモンドエキスやヤギ乳が肌をうるおします。肌にとても優しい仕様なので、敏感肌の人もトラブルなくシェービングができるでしょう。

ミューレ シェービングクリーム アロエベラ

こちらはドイツのメーカー、ミューレが販売するシェービングクリームです。厳選した天然成分が肌を労わりつつ、髭をすっきりと剃ることができます。天然成分がたっぷり含まれているので、敏感な肌でもトラブルなく使用できるでしょう。

こちらのクリームは上質成分をたっぷり含んでいるというメリットに加え、使い方が面倒という手間があります。まずヒゲが生えている部分をホットタオルなどで温め、クリーム適量に水を加えて泡立てます。その泡を髭がある部分に馴染ませ2~3分放置。それからシェービングをして洗い流すという手順です。

手間はかかりますが、その分肌を労わりながら髭剃りができますよ。

おすすめシェービングジェルフォーム2選

最後におすすめのシェービングジェルフォーム2つを紹介していきます。

シック ハイドロ スキンディフェンス シェービングジェルフォーム

メンズ・レディース共にシェービンググッズを展開するシックのジェルフォームです。肌にピッタリ密着するジェルを擦りこむことでフォームに変化。しっかり深剃りできるから、シェービング後はツルツルの肌に。

2種類のヒアルロン酸やビタミンE、アロエベラ液状末といったうるおい成分が肌をしっとりとさせます。

シック ハイドロ シェービングジェルフォーム

こちらも先ほどと同じシックから展開されるシェービングジェルフォーム。先ほどのものは肌を守りながら髭剃りができるものでしたが、こちらは髭の根元を柔らかくして剃り残しを防ぐタイプ。

保湿成分は2種類のヒアルロン酸を配合。さらに肌を整える成分としてビタミンEとビタミンB5が配合されているので、肌をうるおしながら整えてくれますよ。

髭そり後はアフターケアを忘れずに

シェービングは髭を剃ったら終わり…ではありません。その後のアフターケアもとても重要なので、シェービングとセットで行うようにしてくださいね。

アフターケアって何をするの?

アフターケアは肌の保湿です。シェービング剤を付けてカミソリを一度肌に滑らせるだけでキレイに剃れたという場合でも、やはり肌に刃が当たるので多少のダメージが。

このダメージをケアし、肌状態をよく保つために保湿ケアを行う必要があるんです。特にあご周辺は額などと違って皮脂がたっぷり出やすい部分ではないので、保湿ケアをしておかないと乾燥したり敏感肌になってしまったりしますよ。

アフターケアの手順

アフターケアの手順は化粧水→乳液の順番。オールインワンタイプであれば、髭そり後にオールインワンを馴染ませるだけでOKです。

使い方はコチラ↓

  1. 化粧水適量を手のひらに出す
  2. 両手で温める
  3. 顔全体に馴染ませる
  4. 手のひらを肌に押し当て、化粧水を奥に押し込むイメージで優しくハンドプレス
  5. 化粧水の水気がなくなれば完了

どのアイテムを使うにしても使い方は同様です。乳液は油分のべたつきがなくなれば完了、オールインワンも同様です。

敏感肌だからどの保湿化粧品を使えばいいかわからない…という人はこちらをチェック↓

男だって美肌になりたい!敏感肌男性におすすめのスキンケアアイテム

スキンケアがめんどくさい…おすすめオールインワンを徹底リサーチ!

これってどうして!?髭そりにまつわるQ&A

毎日髭剃りをしているものの、そういえばこれってどうして?と思うことがいくつかありませんか?ここでは髭そりにまつわる疑問をいくつか解説していきます。

毎日髭そりをしているとどうして青くor黒くなるの?

色素沈着による黒ずみの可能性があります。
毎日カミソリの刃を肌にあてることで肌には多少のダメージが加わり、そのダメージから肌を守るためにメラニン色素が生成されます。
毎日少しずつメラニン色素ができることであご周辺が青や黒など、肌色に見えなくなってしまうんです。

あごから血が出た!髭を剃って大丈夫?

傷部分のシェービングは控え、早めに治しましょう。
カミソリは安全に使えるよう設計されているものの、どうしても使い方によっては切り傷ができてしまうことも。傷ができている部分にカミソリをあてるとより傷がひどくなってしまう可能性があるので、その部分のシェービングは控えてください。傷部分には殺菌成分などが含まれた薬を塗って早めに治すことを心がけてください。

シェービング剤がない時は洗顔料で代用できる?

洗顔料にはシェービング剤の役割がありません。
洗顔料は弾力のある泡が作れるものであればクッションの役割を果たしてくれますが、髭を柔らかくする効果はゼロ。剃り残しがたくさん出てしまうかもしれません。どうしてもない場合は代用しても良いですが、なるべくシェービング剤を使うようにしましょう。

髭そりの刃はどれくらいで変えればいい?

1~2ヶ月が目安です。
カミソリは毎日使うものなので、1ヶ月ほど使えば刃の切れ味が悪くなるかと思います。切れ味の悪い刃は毛をキレイに剃ってくれませんので、剃り残しが多くなってきたら早めに変えるようにしましょう。

三枚刃と四枚刃って何が違う?どっちがいいの?

刃の多さが違い、多い方が剃り残しが少なくなります。
カミソリの刃は三枚・四枚などがありますが、刃の数が多ければ多いほど細かい部分までしっかりと剃れるため、ヒゲが多い人は四枚刃が良いかもしれません。ですが三枚刃でもT字の一枚刃に比べれば圧倒的に多いので、充分に剃れますよ。

毎日の髭そりは優しいシェービング剤と一緒に

髭そりは毎日しなければならないものなので、脱毛しない限りは止めることができません。避けようがないものなら、せめてカミソリによるダメージを和らげて、肌を良い状態に保ちましょう。

シェービング剤はいろいろなものがあり、敏感肌の人は低刺激であることと、肌とカミソリの間でしっかりクッションの役割を果たしてくれるものを選ぶ必要があります。これさえ守ればカミソリ負けのないツルツル肌がキープできますので、シェービング剤も慎重に選んでくださいね。

カミソリ負けなどのトラブルのない、ツルスベ美肌を手に入れましょう!